グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  内視鏡センター

内視鏡センター


大学病院と同レベルの内視鏡システム
ホスピタリティー重視の専用フロア

内視鏡センター


特徴
当センターの紹介
最新機器
総合病院クラスの内視鏡システム
苦痛のない検査
安全安心をモットーに
専用フロアーと個室
落ち着いた雰囲気
プライバシーの重視
その他
感染防御、最新付属機器



内視鏡センターの特徴


プライバシーに配慮したトイレ付き個室
がある、
落ち着いた環境の内視鏡検査専用フロアー
で、
精度の高い最新の内視鏡システム
によって、
苦痛ゼロを目指した検査
を、
受けられます。

バリアフリー/エレベーター完備
→足腰が弱くても、車いすでも検査を受けられます。
(車いす用個室あり)

当クリニックでは透析中の患者様や80歳以上の高齢者様の内視鏡検査も可能です。
他院で検査をお断りされた患者様は御相談ください。
抗凝固剤の内服をしたまま検査を受けられます。
「日本消化器内視鏡学会」の「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」に準じています。


最新機器

1. 最新の内視鏡システム

2. AI(人工知能)診断システム

3. 画像強調機能+ズーム(拡大)機能

4. 最新ナビゲーションシステム

1+2+3+4=総合病院クラスの検査が可能


1. 最新の内視鏡システム オリンパス社「EVIS X1」を導入
オリンパス社の最新最先端内視鏡システム
東名高速道路以北の浜松市内クリニックで初※

※2022年4月 無床診療所

1-1.鮮明な高解像度画像
4K高解像度画像
最新の経鼻細径内視鏡「GIF-1200N」

従来品

「EVIS X1」+「GIF-1200N」

1-2.多彩な画像強調機能
NBIモード
従来品のNBIモードよりも鮮明な画像

通常観察

NBIモード

TXIモード
「EVIS X1」だけの新しい機能


2. 静岡県下初のオリンパス社AI(人工知能)診断システムを導入
AI(人工知能)搭載内視鏡システム「endoBRAIN-EYE」が静岡県下で初登場

※2022年4月
医師とAIとの協調作業


3. 画像強調機能+ズーム機能で腫瘍の質まで診断
「EVIS X1」の画像強調機能+高性能内視鏡ファイバーの拡大観察

大腸早期がんの見極め例を内視鏡機器の詳細ページで提示

4. 最新ナビゲーションシステム「UPD-3」

100%の挿入率のために
浜松市内での導入は2台目

※2022年4月



※これらの高価な最新内視鏡システムを使用しても患者様には余計な経済的負担は一切ありません



安全・確実な鎮静で苦痛のない内視鏡検査

前“がん”病変や早期“がん”を見逃さないためには僅かな色調の変化や微細な凹凸の見極めが重要です。そのためには検査中の患者様が苦痛なく安静でいられることが大事です。

回復室

当院では2種類の鎮静剤を患者様の状態で使い分けています。
「日本内視鏡学会」の「内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン」で推奨されている安全性の高い鎮静剤を使用します。
鎮静剤の点滴により入眠していただきます。目が覚めた時にはいつのまにか検査が終了しています。
鎮静剤が怖い患者様はこちらのコラムを読んでください。
鎮静剤を使用しない検査も可能です。(ご自身の運転で帰宅可能です)
詳しくは胃カメラ検査 / 大腸カメラ検査のページもご覧ください


プライバシーを重視したトイレ付き専用個室

当クリニックは2階に内視鏡検査専用の受付があり、2階全体が内視鏡専用フロア―となっていますので、検査を受けない患者様と動線が重なりません。落ち着いた雰囲気で検査を受けていただけます。
大腸カメラ検査を受けるためには下剤を内服して腸の中を空っぽにする必要があります。
何回かトイレに行く必要がありますが、プライバシーの面や感染対策の点からも共用トイレの使用は避けたいところです。
個人用トイレが用意されていても、駅や商業施設のトイレのように一か所に多くのトイレが並んで設置されていると音やにおいが気になるかもしれません。
人前を通って何度もトイレに行くのに抵抗を感じることがあるかもしれません。
そこで当院ではトイレ付き専用個室で下剤の内服をしていただきます。
(ご希望により自宅での内服も可能です。)
車いす対応の広い個室もご用意しています。
(ご家族の付き添いをお願いしています)

付き添い対応の個室が2部屋

個室の様子



胃・大腸の同日検査

同じ日に胃と大腸の両検査を受けることができます。
院内滞在時間は大腸カメラ検査のみの場合とほぼ同じです。
当面は土曜日のみ、件数限定とさせていただきます。


その他(感染防御・付属機器)

内視鏡洗浄機 オリンパス OER-6

検査室とは別の部屋で洗浄することにこだわりました。
クリニックではスペースの都合で検査室の一角に洗浄場所がある施設が多いのですが好ましくありません。
幾つもの機種の中で、当クリニックでは内視鏡を知り尽くした内視鏡メーカーによる最新洗浄機を導入しました。
あらゆる細菌やウイルスを取り除きます。

炭酸ガス送気装置 オリンパス UCR

大腸カメラ検査ではガスを送気し腸のシワを伸ばして詳しく観察します。
当クリニックでは検査後のお腹の張りを軽減するために空気よりも吸収が200倍早い炭酸ガスを用いています。

送水器 オリンパス OFP-2

フットペダルを用いて送水し、粘液などを除去するポンプです。
手動の注入よりも内視鏡の視野を速やかにクリアにし、よりスムーズな観察や治療につながります。
大腸カメラの無痛挿入法のひとつである浸水法に必須です。